ワインも有名 | 甲府のグルメを楽しもう!旅行を楽しみたいならナビサイト!

ワインも有名

旅行するカップル

ワインといったら赤ワインとか白ワインといったものを想像すると思いますが、その種類はとても多いのがワインの特徴。赤や白といったワインはスティルワインで、中に炭酸ガスを含んだものをスパークリングワインと言います。ブランデーなどアルコール度の強いものを加えて作ったものがフォーティファイドワイン。通常のワインに比べて15%前後強めのアルコール度数になっています。果実やハーブ、さらに蜂蜜等を加えることで独特の風味をつけたワインをフレーバードワインといいます。

ここではスティルワイン…赤と白のワインについて豆知識的な話をしてみたいと思います。ワインは葡萄を原材料として作られますが、赤と白というワインが出来ます。赤ワインはその名の如く赤。白ワインは白色ですよね。厳密にはちょっと黄色ですが、それにしても同じ葡萄から作られたとは思えないような色をしています。しかも味も違いますよね。赤は渋みがありますが白は渋くありません。これはどういうことなのでしょうか。
それは作り方によるものなんです。いつ葡萄を搾るかでそれは大きく変って来ます。白ワインはすぐに搾りそれを発酵させて白ワインにしますが、赤ワインは葡萄をつぶしてから果汁と一緒に皮も種も発酵してワインにします。色素は皮にあり、渋さは種に含まれているので、赤ワイン特有の色や渋みというのが出て来るんですね。

ワイン通の人なら良く分かると思いますが、ワインというのは単体で飲む印象と料理と合わせて飲む印象が変わる飲み物です。合う合わないがあるんですね。
そういったヒントを掴むためにも甲府のワインを楽しめる農園に行ってみるというのも良いでしょう。